>

壊れている部分を修復しよう

屋根を改築しよう

屋根の改築は、200万円程度が相場になっています。
高額なので簡単に依頼することができないかもしれませんが、屋根が壊れているままだったら雨が室内に漏れてしまう危険性があります。
快適な暮らしを送れないので、壊れていることに気が付いたら早く工事を依頼してください。
屋根の形を、少し変更することができます。

平らな屋根では雨水が流れないので、溜まったままになります。
雨水がたまると、そこから錆びて屋根が劣化しやすくなります。
思い切って、屋根の形を斜めに変更してください。
すると今後はスムーズに雨水が流れていくので、屋根が傷みにくくなります。
防水加工をすることも可能なので、雨に強い屋根に変更すると快適な暮らしを送りやすいです。

柱を修復

建物を支えている大黒柱はとても重要な存在です。
大黒柱に問題が起こっていると、ちょっとした衝撃ですぐに崩壊してしまう危険性があるので気をつけてください。
不具合が見つかったら、改築工事をして大黒柱を元の丈夫な状態に戻しましょう。
それぐらいだったら、100万円があれば修復できるので早く依頼してください。
災害は、いつ発生するか分かりません。

大黒柱がこわれて不安定な時に、磁針や台風などの災害が起こったら大変です。
定期的にチェックすることで、早く不具合に気が付けます。
自分の目で確認しても良いですし、業者に任せても良いでしょう。
専門的な目線からチェックしてもらえば、素人では気がつかなかった問題点を把握できるかもしれません。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる