>

建物を改築しよう

介護のための改築

人間は、誰でも身体の機能が衰えます。
ですから高齢者は、これまで通り生活を送ることができなくなってしまうかもしれません。
1人で生活を送れない場合は、誰かに手助けしてもらう必要があります。
介護は大変ですが、特殊な機能が搭載されている住宅なら負担を軽減することができます。
介護が楽になるよう、住宅を改築しても良いでしょう。

相場は、200万円程度になっています。
介護をする時は、大きなベッドを設置することが多いので部屋を広げる人が多いです。
これまでの部屋では、ベッドを置くと他の家具を置けなくなってしまうかもしれません。
狭い部屋では介護もしにくいので、改築して広げてください。
介護が楽になれば、平和な生活を送れます。

子供のために改築する

小さな子供がいる家庭では、子育てしやすいように改築することをおすすめします。
子育ては楽しいですが、同じぐらい大変なことがあります。
改築をすれば負担が減るので、子育てが楽になるでしょう。
子供と一緒にお風呂に入れるよう、浴室を広げる改築をする光景が良く見られます。
小さな子供は、まだ1人で入ることができません。
危険なので、大人と一緒に入りましょう。

狭いお風呂では窮屈なので、大人も子供も不満を感じます。
浴室を広くするぐらいの改築なら、150万円から200万円前後でできます。
また、ついでに浴室の鏡を曇りにくい素材にするなど、工夫しても良いと思います。
浴室は、1日の疲れを癒す大事な空間です。
快適になるよう、工夫して改築しましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる